My first Chopin Album!

皆さまこんにちわ!年末にショパンのCDが発売されました。生まれて初めてのショパンのCDです。幼い頃からショパンは大好きで身近な作曲家でした。好きな作曲家はと聞かれると迷わず「ショパンとモーツァルト!」と答えていました。9歳の時に初めて父から貰ったお小遣いで買った物がニキタ・マガロフのショパンのワルツ集でした。イタリア旅行の途中でカセットテープを買い、ローマからポンペイへ向かう途中にバスの運転手さんにテープを流して貰いました。その時の衝撃と感動は今でも忘れられません。こんな美しい音楽がこの世に存在するのかと外の景色を見ながら涙を流しました。このテープは伸びて壊れるまで聴きました。大きくなったらいつか全部このワルツを弾こうと心に決めました。今日こうしてショパンのCDをリリースできたことは私の幼い時の夢が叶ったようで本当に嬉しいことです。

ショパンのレコーディングは星の数ほどあるので色々なことで悩んだ事も事実です。日によって耳の聴こえ方、感じ方も違うので編集で何度も挫折してこれでは残せないと諦めた瞬間もたくさんありました。曲も18曲中、74分のCD一枚に収められるように13曲に減らし、曲順も調性やテンポのことなどを考え何度も変えました。レコーディングは演奏会と違って文章のように残るものなのでとても勇気が要ります。すべての音、解釈に対して100%の納得はいきませんがスポンテニアスさを殺さず、今私が残せるショパンを精一杯形にしたと感じています。もし聴いていただければ私にとってこれ以上の喜びはありません。

初めてのイタリア旅行

初めてのイタリア旅行